公式ブログ

[NEW]自分で育てた有機大豆でお味噌をつくる会@全3回

有機栽培の大豆(津久井在来)の収穫と脱穀を体験し、
その大豆を用いてお味噌をつくる会を開催します。

こんにちは、みそソムリエの峰村です。

私たちの食生活ではとても多く使われている大豆ですが、
あなたは、大豆がどのように成るのかご存じですか?
農作業をしていたり、身近にない限りは、おそらく大豆だけでなく、
殆どの作物がどのように出来るか、詳しくは知らない方が多いと思います。

個人的な話しですが、以前農園で大豆を栽培した際、
栄養過多で実がならず葉ばかりが生い茂ってしまったことがありました。
好きな大豆を買わずに増やそうとしたのですが(笑)そう簡単ではありませんでした。

どうせなら、数少ない在来種を有機栽培で育ててお味噌にしたい、そんな想いがあり
数年間理想の場所を探しておりましたところ、とても素敵なご縁により実現することができました。


IMG_5695
今回作るのは、相模原で昔から栽培されてきた津久井在来という在来種の大豆です。それを有機栽培します。
味が濃いので煮豆にしただけでもとてもおいしく、お味噌にしたらさらに美味と思われます。

最初はまず種まきはこちらで行っておきます。生育の途中経過はブログ等でお知らせを予定しております。
みなさんには、大豆の収穫と脱穀、そしてお味噌作りを行っていただきます。

畑に入りフカフカの土にみなさん驚かれることでしょう。
農薬使用しているとそうはいきません。有機栽培だからこそのふわふわ感、楽しんでいただきたいと思います。

収穫した大豆は脱穀前に乾燥させるのですが、
ここでは機械を使わず天日干しで自然乾燥させお日様に最後の味付けをしてもらいます。
お米も同様に天日干しして作られているそうですがどちらも美味しいので、
ぜひみなさんにも食べていただきたいです。

tukuizairaidaizu
脱穀は自分たちが使う量は機械ではなく手で行います。鞘から豆をどうやってだすのでしょうね。
多くの方が初めての体験にワクワクされることと思います。

農作業で自然に触れ生育を見るだけでなく、
プロより種まきから脱穀のこと、有機栽培と農薬使用の違い、津久井在来のお話などを伺います。

場所は神奈川県の相模川そばの畑になります。
種まきの時期は夜7時ぐらいになると畑の横の小川に蛍が見られるぐらい綺麗なところです。

日々お世話があまり要らない大豆ではありますが、害虫が沸くこともあります。
撒いた種を鳥が掘り起こした食べてしまう話しも伺いました。
私たちは毎日畑に行けないので生育状態が気になるところですが、
その間も時折畑の様子をFacebookグループ等でお知らせする予定です☆

真横にあるBBQ場で楽しく懇親も予定しております。

イベント内容

●大豆の収穫と脱穀の体験をし、その大豆を使ってお味噌を仕込みます。
●大豆は有機栽培でその土地ならではの津久井在来という在来種です。
●生育をオンラインで見守っていただきます。
●有機栽培のこと、微生物の働きについて伺うことができます。
●畑のすぐ横にあるBBQ場で楽しいひとときを過ごします。
●毎回、とても美味しいお米や野菜等をお持ち帰りいただきます。※内容は当日までわかりません。

定員:20名

開催日時

全3回
第一回:2015年11月7日(土) 10時~14時 収穫
第二回:2015年11月14日(土) 10時~14時 脱穀
第三回:2015年12月13日(日)       味噌仕込み ※開催時間と場所の案内は別途ご案内します。

第一回、二回はバスの本数がありませんので、朝はゆとりを持っておこしください。

参加費

費用:14,000円 / 全3回 事前振り込み制

※農作業はピンポイントでご家族*での参加も可能です。(予め1週間前にはご連絡ください)
 大人1人+1,000円、小人1人+500円追加 ※お土産無し となります。
 4歳までは無料。5歳以上~小学生までは小人、それ以上は大人となります。

 毎回、有機栽培いのちいきいき米の塩おにぎりの試食がございます。
BBQは持ち寄り歓迎です。こちらでは新鮮なお野菜の用意を予定しています。
 ゴミを持ち帰る必要があるため極力ゴミを出さないようにします。
 お皿、お箸をご持参いただきそのままお持ち帰りください。

お土産

1回目2回目はお米(有機栽培:いのちいきいき米)や大豆、お野菜などお持ち帰りいただきます。※内容は選べません!
最終回3回目のお味噌仕込みは都内で仕込みます。

持ち物

・大量の飲み水が必要です!!

・長靴(ズックやスリッパはNG)、軍手、手ぬぐい、帽子
・長袖、長ズボンのほうが無難です。
・BBQ用のお皿、お箸、をご持参ください。(ゴミはお持ち帰りください)
・BBQは持ち寄り歓迎です☆
・持ち帰り用のゴミ袋
・お土産(米や野菜など)を入れられる袋や鞄

集合場所

望地キャンプ場の受付前の広場に10時前までに集合。

望弁天キャンプ場真横の畑になります。 
神奈川県相模原市中央区田名5835−16(望弁天キャンプ場の住所)

第一回~四回 畑までのアクセス 

■電車・バス

おすすめの行き方(待ち時間は少しありますが楽です)
8:25発 橋本駅南口 1番のりば ↓神奈川中央交通 [橋57] 田名バスターミナル行
8:51着 田名バスターミナル
9:12発 田名バスターミナル 2番のりば ↓神奈川中央交通 [田01] 半原行
9:15着 高田橋入口
9:25着 徒歩10分程度で 望地キャンプ場の受付前の広場へ
————-
8:15発 淵野辺駅南口 1番のりば ↓神奈川中央交通 [淵53] 田名バスターミナル行
8:40着 田名バスターミナル
9:12発 田名バスターミナル 2番のりば ↓神奈川中央交通 [田01] 半原行
9:15着 高田橋入口
9:25着 徒歩10分程度で 望地キャンプ場の受付前の広場へ
————-
・JR・京王線橋本駅南口から「望地キャンプ場入口」行きバスで終点下車徒歩15分
・神奈川中央交通バス:橋本駅南口系統名:[橋57]1番のりば,田名バスターミナル行き、[橋59]1番のりば,田名バスターミナル行き 乗り換え 望弁天キャンプ場下車徒歩15分
・もしくは、田名バスターミナルから徒歩25分、タクシー4分
・JR淵野辺駅南口から上溝駅経由「水郷田名」行きまたは上溝駅経由「半原」行きバスで「高田橋入口」下車徒歩10分

■車

望弁天キャンプ場の駐車場にとめることができます。

注意事項

※小雨は決行しますが、雨天中止は前日の23時頃までに予定を決定しWebやメールでお知らせいたします。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!

☆こんな方はぜひご参加ください☆

「毎日は手入れできないけれど、農作業に関心がある」
「子どもと一緒に畑を見たい・見せたい」
「味噌も大豆栽培から行い自家製を極めたい!」
「自分の畑でも大豆栽培を行ってみたい」
「在来種を育てることを応援したい」
「作ること・自然に関心の高い人と知り合いたい」
「月一回程度農作業して気持ち良い汗かいて、そして外でビールを飲みたい!笑 (お酒はご持参ください)」

お申し込みイベント
お名前 姓: 名: [全角]
メールアドレス [半角]
電話番号 [半角]
参加予定のご家族1 様 
参加予定のご家族2 様 
参加予定のご家族3 様 
メッセージ

※申込み完了しても参加決定ではありません。参加可能不可能については折り返しメールで返信させていただきます。